格安航空券で国内出張に行くことになりました

サービスが必要最小限なのもいいところ

不安を感じることは無かったです / 仕事の移動手段としては十分に使える / サービスが必要最小限なのもいいところ

そして、サービスが必要最小限なのもいいところです。
国内の移動ぐらいでいちいち飲食を聞かれたりする必要もありません。
そんなことを聞くぐらいなら休ませてくれという感じですから、自分にとってはこの格安航空会社のサービスの方がいいのではないかとも思ったぐらいです。
後でネットで調べたところによると、なんと格安航空会社の方がこれまでの大手といわれるような旅行会社に比較して事故率が低いというようなデータまであるようでした。
これでは、今までの旅行会社がぼったくりといわれても仕方がありません。
いかに過剰なサービスをすることで、高い航空料金を払わせていたのかが分かります。
飛行機は単なる移動手段に過ぎないのに、わざわざ飲食のサービスを無料にしてその分を高いチケット代金にしていたわけです。
そのため、格安航空会社が参入をする隙間を与えてしまったということなのでしょう。
もちろん、格安航空会社がさまざまな企業努力をすることによってこの料金を実現しているということはあるでしょうが、それは企業としては当然のことです。
その当然のことをしてこなかったのが、これまでの大手の航空会社なのだということをはっきりと実感することになりました。
何しろチケット代はこれまでの半値ぐらいですから、さすがにこれで倍の料金はぼったくりもいいところでしょう。